[PR]

 指定暴力団・山口組(神戸市)によるハロウィーンのお菓子配りなどの季節行事に参加しないよう、兵庫県警は近く神戸市教育委員会と協力し、子どもや保護者へ呼びかける。県警は山口組が暴力団排除の動きに対抗し、イベントを利用して住民の懐柔を図っていると分析。暴力団の危険性を直接伝えて「歯止め」をかける。年末年始には恒例の餅つきもあり、県警は警戒を強めている。

 「ハッピーハロウィーン!」。10月31日午後、神戸市灘区にある山口組総本部事務所のシャッターが上がり、カボチャのかぶり物で仮装した組関係者が、子どもたちや親子連れを次々に敷地内に招き入れた。用意された約1千個のお菓子は予定より1時間早く午後6時になくなった。県警は、昨年より訪問者が多かったとみて危機感を募らせた。

 県警は当日の様子を撮影した動画を神戸市の長田淳教育長ら市教委幹部に見せ、対応を強く要請。県警と市教委が協力し、対策を講じることになった。

 県警が市内の中学校で毎年開いている「防犯教室」に、暴力団についての講習を加え、山口組の催しに行かないよう指導する▽小学生の保護者が集まる場にも県警の担当者らが出向いて呼びかける――などを検討している。

 捜査関係者によると、山口組で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら