[PR]

 アメリカンフットボールの社会人Xリーグ王者と学生代表が日本一の座をかけて戦う日本選手権・プルデンシャル生命杯第72回ライスボウルは来年1月3日、午後3時に東京ドームでキックオフを迎える。日本社会人選手権・ジャパンエックスボウル(JXB)を制した富士通(Xリーグ東地区)と、全日本大学選手権決勝・甲子園ボウルで勝った関西学院大(関西学生1位)が2年ぶりに顔を合わせる。富士通は3年連続4度目、関学大は17年ぶり2度目のライスボウル制覇をめざす。両チームの注目選手を紹介する。

68年ぶりのQBの主将 関学大・光藤航哉

 伝統校で68年ぶりのQBの主将。絶対的なエースではなくても立候補して責任を背負った。「日本一になりたかったから」

 身長171センチ、体重77キロで、大津市出身。小学生のころは、立命大のグラウンドで、タックルの代わりに腰のフラッグ(旗)を取るフラッグフットボールにのめり込んだ。「あのときに日本一になれなかったことが原点です」と語る。

 京都・同志社国際高から同志社大でも地元の立命大でもなく、関学大へ。「日本一になれると思ったから」。しかし、昨季は関西学生リーグで優勝を逃し、西日本代表になったものの甲子園で敗れた。「自分がチームを勝たせる」と決意した。

 チームのまとめ役で、攻撃の司…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら