[PR]

 車の自動運転の実用化に対応するための道路交通法改正案の試案を警察庁が20日、公表した。今は禁止されている走行中の携帯電話の使用やテレビなどの注視を認める。ただ、あらかじめ設定された場所や天候などの状況から外れた時にすぐに人が運転を引き継げる態勢にあることが条件だ。警察庁はまずは高速道路の渋滞といった状況での自動運転を想定している。

 自動運転のレベルは、運転者がすべて操作する状態から、条件なしにシステムがすべて操作するレベルまで、0~5の段階に分かれている。今回の試案はこのうち、設定された状況から外れた時に人が操作を代わるレベル3が対象。政府は2020年にレベル3の実用化を計画している。現在、自動運転の実用化に向けて各地で実証実験が進んでいる。

 警察庁は25日から来年1月23日までパブリックコメントを募った上で改正法案をまとめ、次の通常国会に提出する。20年前半ごろの施行を目指す。

 試案では、運行に関する判断や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら