[PR]

 香川県では日常の風景になった、讃岐うどん店の長い行列。しかし、30年前に平成が始まったころ、それは当たり前ではなかった。ブームのきっかけは、製麺所のうどん店を紹介するタウン誌の連載をまとめた1冊の本。「恐るべきさぬきうどん」の著者で四国学院大学教授の田尾和俊さん(62)が、ブームを振り返り、これからの讃岐うどんについて語った。

 ――讃岐うどんブームの立役者と言われています。

 ある日、後輩に田んぼの中のうどん屋に連れて行かれた。注文の方法も分からず、自分で丼も取らなきゃいけない。でも、「これはいけるかも」と思った。そのときまでは、うどんを扱うと部数が落ちると考えていたけど、「(うどん屋を)探検しようぜ」と。そんなテイストで連載を始めた。

 ――讃岐うどんにとっての平成を振り返ると?

 「恐るべきさぬきうどん」で始まったブームがピークになったのは、2000年代の初め。06年公開の映画「UDON」で2回目のブームが起きた。09年、瀬戸大橋を含めた高速道路が「休日上限1千円」になったときに3回目のブームが起き、頂点に達した。

 うどん玉の販売が本業の「製麺所型」のうどん屋が、人気ランキングの上位に入るようになった。それまで讃岐うどんで取り上げられるのは、「フルサービス型」の立派な建物の老舗ばかり。まさに「下克上」だった。

 ――「怪しいレジャー」としての讃岐うどんに、人々がひきつけられました。

 ある店では、掘っ立て小屋みた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら