[PR]

 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が同性カップルを念頭に「『生産性』がない」などと書いた「新潮45」問題に揺れた今年。性の多様性をめぐるさまざまな議論をどう考えるか。元文部科学相で「SOGIに関する課題を考える議員連盟」会長、自民党「性的指向・性自認に関する特命委員会」委員長代理の馳浩衆院議員=石川1区=に聞いた。

 まず当事者の立場に配慮できる社会情勢をつくろうと「理解増進法」の成立を目指しています。野党は「差別解消法」と言うけれど、差別という言葉はひとり歩きして逆差別を生む懸念がある。知識不足から発した言葉の揚げ足を取られて「差別だ」となるかもしれない。差別解消の意味はわかるけど、それは既に平等の理念、人権への配慮を書いた憲法14条で保障されていると認識しています。

 杉田(水脈)さんのあの文章は、事実誤認が数多くあると私も思いました。私たちの特命委員会や自民党の公式見解に照らして理解不足だった点については、党として指導しました。一つ責任を取ったなと思ったのは、先日の特命委に初めて杉田さんが出てきた。みんなちょっとびっくりしたの。発言はなかったけど、私がつくった理解増進法の試案に反対もなく了解してくれたので、特命委が3年かけて取り組んできたことへの理解は彼女もしてくれたのだろうなと。

 恋愛やセックス、結婚、妊娠を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら