[PR]

 明治安田生命Jリーグの年間表彰式「2018Jリーグアウォーズ」が18日、横浜市内であり、最優秀選手賞(MVP)にJ1を2連覇した川崎のMF家長昭博が初めて選ばれた。川崎からは16年のMF中村憲剛、17年のFW小林悠に続く受賞で、同一クラブからの3年連続の選出は史上初。

 ベストイレブンはMFチャナティップ(札幌)、FW黄義助(ガ大阪)ら7人が初受賞。川崎からはDF谷口彰悟ら7人が選ばれ、1994年のヴ川崎(現・東京ヴ)、2002年の磐田に並ぶ歴代最多の受賞者数となった。38歳の中村(川崎)は自身の最年長受賞記録を更新した。ベストヤングプレーヤー賞は19歳のFW安部裕葵(ひろき)で、鹿島からの受賞(新人王を含む)は歴代最多の4人目となった。

Jリーグ年間表彰者

・最優秀選手賞(MVP)

家長昭博(32)川崎 初

・得点王

ジョー(31)名古屋 初

・ベストヤングプレーヤー賞

安部裕葵(19)鹿島

・最優秀ゴール賞

大島僚太(25)川崎 初

・フェアプレー賞高円宮杯

セ大阪 初

・フェアプレー個人賞

西川周作(32)浦和 2

秋元陽太(31)湘南 2

沢田崇(27)長崎 初

・優勝監督賞

鬼木達(44)川崎 2

・優秀監督賞(J1)

ペトロビッチ(61)札幌 初

・最優秀主審賞

佐藤隆治(41)初

・最優秀副審賞

山内宏志(39)初

・最優秀育成クラブ賞

横浜マ 初

・ベストイレブン

GK 鄭成龍(33)川崎 初

DF 西大伍(31)鹿島 2

   エウシーニョ(29)川崎 2

   車屋紳太郎(26)川崎 2

   谷口彰悟(27)川崎 初

MF チャナティップ(25)札幌 初

   家長昭博(32)川崎 初

   大島僚太(25)川崎 初

   中村憲剛(38)川崎 8

FW ジョー(31)名古屋 初

   黄義助(26)ガ大阪 初

<選出方法>

 監督、選手の投票をもとに優秀選手を選出。その中からJリーグ幹部やJ1クラブ社長らで構成する22人の選考委員会がベストイレブンを選ぶ。MVPはベストイレブンを参考に、選考委が投票で決める