[PR]

 30年前、新元号・平成と同じ漢字の地名だと脚光を浴びた岐阜県武儀(むぎ)町(現・関市)の平成(へなり)地区。「平成」がもたらした大フィーバーは、単なる騒ぎでは終わっていなかった。

 「びっくりこいた」

 町の広報誌にそんな言葉が踊った。今から30年前の1989(平成元)年、岐阜県武儀(むぎ)町(現・関市)に全国から人が押し寄せた。理由は町内の小さな集落。わずか9戸がシイタケを育てながら静かに暮らしていた地区の名が、新しい元号と同じだった。

 「平成」と書いて「へなり」と読む。元号と同じ漢字表記というだけで、「一目見たい」と、連日、観光客が訪れた。「狭い道を観光バスが何台も上がってきた」。地区で生まれ育った長谷部真澄さん(60)は振り返る。

 急ごしらえのお土産コーナーには、特産のシイタケだけでなく、にわか平成グッズが並んだ。平成の里弁当、平成テレホンカード。地名が入った林道の標識が盗まれ、似せたプレートを作ったら、飛ぶように売れた。

 ブームは3年ほどで終わった。元の静かな里に戻るか、と思いきや、違った。少子高齢化、過疎。地元の将来を考えると、そんな言葉が口をついた時代。降って湧いたような「平成ブーム」を生かそうと地元は立ち上がった。

 新たな挑戦として、武儀町は9…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら