[PR]

 有害鳥獣による被害を減らそうと、相模原市が「鳥獣被害防止計画」の策定に乗り出した。イノシシやニホンジカ、ニホンザルなどによる農作物や市民生活への被害が深刻化しているためだ。情報通信技術(ICT)など新技術を活用した対策を盛り込み、今年度中の策定を目指す。

 市津久井地域経済課によると、2017年度の農作物被害はニホンザルが263万円、イノシシが206万円、ニホンジカが75万円などとなっている。計651万円で、前年度から146万円増えた。物品の損傷や生活上の脅威といった生活被害件数は、アライグマが92件、イノシシが61件、ニホンザルが56件だった。

 ニホンザルによる被害は津久井地域の中山間地域で発生しており、果樹や野菜類などの農作物被害が拡大している。地域住民が追い払っているが、それでも多くの群れが広範囲に出没を繰り返している状況だ。ニホンジカは最近では市街地にも出没、イノシシは住宅周辺でも目撃情報が多いという。

 計画では、19年度からの3カ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら