【動画】阪神大震災当時や支援活動について語る光明寺の山西昭義住職と長男の優さん=小林一茂撮影
[PR]

 阪神大震災前日の1995年1月16日夕、神戸市兵庫区の光明寺(こうみょうじ)はにぎやかだった。山西昭義(あきよし)住職(53)の姉・宏美さん(当時35)が、生後6カ月の華奈(かな)ちゃんを抱いて東京から戻ってきた。

 みんなで華奈ちゃんの面倒をみられるように1階の部屋を用意し、ベビーベッドを置いたばかりだった。

 翌午前5時46分、震度7。妊娠4カ月の妻と2階で寝ていた山西さんは庭に落ち、生き埋めに。左肩に土壁、右肩に屋根の梁(はり)、両足の間に柱。山西さんと重なり合うように、仰向けになっていた妻が言った。「おなかの子を守らなきゃ。とっさに体をひっくり返して背中から落ちたの」

 しばらくして妻は隙間から、山西さんも自力で抜け出した。母が「ひろみー、ひろみー」と叫んでいた。

 夕方、がれきの中から2人の遺体が見つかった。宏美さんはやさしい顔で華奈ちゃんを抱きしめていた。

 その夜、寺の敷地で運営する保…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら