米メディアによると、17日、ペニー・マーシャルさん(米映画監督)が糖尿病の合併症によりロサンゼルスの自宅で死去、75歳。女性映画監督の草分けで、「レナードの朝」(1990年)はアカデミー賞作品賞などにノミネートされた。

 ニューヨーク生まれ。女優として活動していたが、テレビ番組シリーズで監督業を始めた。コメディー映画「ビッグ」(88年)や、実在した全米女子プロ野球をテーマにした「プリティ・リーグ」(92年)などのヒット作を生んだ。2016年に死去した映画監督ゲイリー・マーシャル氏の妹。(時事)