[PR]

 福岡県苅田町指定史跡の松山城跡(標高128メートル)は、7月の西日本豪雨で土砂崩れなどが発生し、立ち入り禁止が続いている。このため、元日恒例のイベント「初日の出登山」も今回は見送られることになった。

 町教委によると、松山城跡は7月の豪雨のため山頂付近で6カ所、山腹では3カ所で土砂崩れや崖崩れが起きた。地元の松山区と協議し、利用者の安全が確保できないとして同月9日から立ち入りを規制。登山口の駐車場も閉鎖している。

 復旧に向けて町は9月に測量費や応急措置費として900万円の予算を組んで現在、地形の測量を進めているという。担当者は「調査中のため復旧のめどは立っていないが、復旧の要望は多く、早期に利用できるよう努めたい」と話す。

 新年の登山は毎年元日、多くの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら