[PR]

 弥富市の近鉄弥富駅前に21日、巨大な金魚のイルミネーションが登場して乗客らの注目を集めている。三大産地の一つと言われる特産品をPRしようと、地元有志が市内の小中学生や高校生と協力して作った。

 企画したのは、地元のまちおこしグループ「やとみスイートハートプロジェクト」。代表のやとみまたはちさん(52)は劇団「アルクシアター」(名古屋市)を主宰する劇作家で、市の広報大使も務める。これまでも菓子店が多い地域の特徴を生かしたマップを作ったり、金魚をモチーフにしたスイーツを店に開発してもらったりするなど、市の魅力発信に取り組んでいる。

 近鉄弥富駅南口の広場に設置した金魚のイルミネーションは、長さ5メートル、高さ4メートル。木の枠に赤く塗ったペットボトルを約250個取り付け、うろこのように見せている。周辺には青いLED電飾を置き、水をイメージした。緑のライトアップで水草を表現するなど、やとみさんの舞台美術のノウハウを生かしている。

 「子どもたちにもまちづくりに…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら