【動画】和歌山県北山村特産の果実ジャバラをPR=杢田光撮影
[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産」

 ジャバラという果実を知っていますか? 売り文句は「ゆずでも、すだちでもない。紀州のへんなみかん」。マグロに食べさせる取り組みも始まっています。

 和歌山県に暮らしていた頃、飛び地・北山村の顔になっている特産のかんきつ「ジャバラ」の飲料を口にして驚いた。さっぱりとした味の後にやってくる、独特の苦みが強烈だ。

 村地域事業課の池上(いけうえ)輝幸さん(47)は「慣れると、結構おいしいですよ」。でも、初めて飲んだときは「世の中にこんなまずいものがあるんだ!」と驚いたそう。好みが分かれそうだが、全国から注文が絶えない。なぜ人々に愛される?

 秘密を探ろうと、大阪市中心部から車で3時間半かけて村を訪ねた。道の駅で迎えてくれたのは、戦隊ヒーロー「じゃばライダー」。ジャバラのPRのため、約10年前から村の催しに登場して、ショーを披露している。土産物売り場には、ジャムやポン酢など約30種の加工品がずらりと並ぶ。

 12月半ばはちょうど収穫を終…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら