[PR]

 17日にタイで開かれたミス・ユニバース世界大会で「英語がわかるふりをしている」と一部の出場者に揶揄(やゆ)されながらトップ5に残った少数民族出身のベトナム代表が注目されている。

 この女性はヘン・ニエさん(26)。ベトナムの人口の8割を占めるキン族でなく、少数民族エデ族の出身だ。褐色の肌と短髪のスタイルは、色白で長髪という従来のベトナムの「美人」のイメージをひっくり返した。

 ベトナム中部高原ダクラク省の貧しい農家に生まれた。大会では、育った地域にある女性の早婚の習慣を紹介。「14歳で結婚するよう言われたが私は教育を選びました。何も持たなかった私が今ここにいます。私にはできた、あなたにもできる」と発言し、喝采を浴びた。

 報道によると、ホーチミンの大学で企業財務を学ぶため、1年間家政婦として働いた。インターンで銀行に入ったものの、学費と生活費を稼ぐ必要からモデルの仕事を始めた。大学卒業後、デザイナーに見いだされてテレビ番組「ベトナムズ・ネクスト・トップモデル」にも出演した。

 ヘン・ニエさんは、女子の教育支援をする非営利組織の活動にも参加してきた。ベトナム代表になった際の賞金を全て投じ、山間部に子供のための図書館を建てたという。

 ヘン・ニエさんをめぐっては、米国代表が、英語力がないとからかう動画を豪州とコロンビアの代表とともに公開。米国代表はカンボジア代表のことも「英語が話せず、誰も彼女の国の言葉を話せない。かわいそうに」と述べ、批判の的に。動画を撮った3人は上位5人に残らなかった。(ホーチミン=鈴木暁子)