[PR]

 仮想通貨の巨額不正流出事件を起こした交換業者コインチェック(東京)が、登録業者として金融庁に認められる見通しとなった。コインチェックはこれまでは、正式登録前だが営業できる「みなし業者」だった。4月にネット証券大手マネックスグループに買収され、顧客資産の安全管理などの体制強化を進めており、金融庁も登録を認める方向となった模様だ。

 コインチェックは1月、約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)の不正流出事件を起こし、金融庁から2度にわたり業務改善命令を受けた。事件は金融庁が仮想通貨業界の規制を強化するきっかけとなった。(山口博敬)