[PR]

 「究極の刑罰」を導いたのは、事件で失われた若い命の重さだった――。大阪府寝屋川市の中学1年の2人を殺害したと認定し、山田浩二被告(48)を死刑とした大阪地裁の裁判員裁判。裁判員を務めた人たちは「難しい判断だった」と振り返った。判決前、検察側主張を「立証できない」と批判していた被告側は控訴した。

 山田浩二被告(48)はこの日、緑色のシャツ姿で出廷。弁護人の隣に座り、約1時間半、天井を見上げたり、ハンカチで顔を押さえたりして判決理由の朗読を聞いた。死刑を言い渡された時は、真っすぐ前を見つめたまま。閉廷後には遺族の席に向かって何度か頭を下げ、退廷した。

 「判決は死刑か無期か、有期のどれかだと思う」。山田被告は判決を前にした今月7日、大阪拘置所(大阪市都島区)で記者の面会に応じ、自らに下される判決の見通しをこう語った。

 面会時間は30分。法廷ではたびたび言葉を詰まらせた被告は、落ち着いた様子で淡々と話した。大量の証拠書類のファイルを面会室に持ち込み、時折いすから立ち上がって記者に書類を示すこともあった。

 被告は11月1日の初公判の冒頭、裁判長の制止を振り切って土下座した。被害者の遺族から「パフォーマンスだ」と批判されたが、「パフォーマンスなら、あんなんしない。(謝罪の気持ちを)とにかく伝えたかった」と釈明。土下座した後は「裁判官や刑務官、弁護士からひどく怒られた」と話した。

 初公判後は冷え込みで体調が悪化したうえ、「(公判が)どんな風な流れになるかと緊張して夜も眠れず、食事も(のどを通らない)。思ったより大変だった」。公判中の被告人質問などでのやり取りについては「(自分は)めっちゃ緊張しいなので、自分でも何を言ってるかわけがわからない状態」と振り返った。

 検察側が論告で、被告が星野凌斗(りょうと)さんを「何らかのトラブル」で、平田奈津美さんを「口封じ」で殺害したと主張したことについては、「立証できない内容で、ようあんなん(主張)したな」と語気を強めて否定した。

 今後の裁判の展開については「一審で終わることはない」とし、その理由を「普通に無理でしょ。死刑判決が出たら弁護士が控訴するだろうし、検事は死刑以外の判決が出たら控訴するだろうし。自分一人では決められない」と語っていた。(畑宗太郎)

■乏しい証拠、裁判員「難しい判…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら