[PR]

 彦根市金亀町の彦根城に20日、高さ約3メートルの門松が表門に飾られた。

 午前9時から、彦根城管理事務所の職員11人が、多賀町の高取山で切った約3メートルのマツに3本組みにした竹をくくりつけた。これに城内の梅の枝や紅白の南天、葉ボタン、クマザサをあしらった。

 門松は天守前、玄宮園、開国記念館にも計4対8基を設置。27日にはしめ飾りや鏡餅を天秤櫓(てんびんやぐら)や天守などに飾り付け、新年を迎える準備が整う。(大野宏)