[PR]

 2027年開業のリニア中央新幹線は、名古屋から東京・品川まで6都県に駅が造られる。リニア名古屋駅の予定地は今どうなっているのか。記者が歩いた。

 「駅裏」

 超高層のオフィスビルが立ち並ぶJR名古屋駅の東側から中央コンコースを抜けた先の西側は、かつて、そう呼ばれた。

 戦後、バラックなどが立ち並ぶ闇市が栄えた。「女性が一人で歩くと危ない」。そんな声がささやかれるほどで、行政もうかつに手が出せない場所だった。だが、1964年の東海道新幹線開業に伴い、区画整理で姿を変えた。それから半世紀。今度はリニア中央新幹線開業に向けて変わる「名駅」を、街の人たちも受け入れようとしている。

2代続いて区画整理で立ち退き

 「名古屋は区画整理があれば全部どくの。豊臣秀吉の時代から、そう」

 駅から徒歩5分。戦後間もなく…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら