拡大する写真・図版 2020年春に登場するリニアL0系の改良型試験車。中間部分に前方視認用のカメラがおさめられる(JR東海提供)

[PR]

 JR東海は20日、2027年開業予定のリニア中央新幹線を走る営業車両について、新たな試験車を製作すると発表した。先頭部分に丸みを持たせ、走行中の騒音軽減などをめざす。2020年春に完成し、山梨県内にある実験線を走り出す予定だ。

 現行車両の改良型という位置づけで、東海道新幹線の初代車両にちなんだ「L0(エルゼロ)系」の名は変えない。先頭車は、現行車両で先端部にあるカメラと前照灯を中間付近に移動。長く伸びる「鼻」の部分に凹凸を設けたため、「鼻筋」の通った顔付きとなった。先頭部分の空気抵抗は現行車両より13%下がり、省エネや騒音低下が期待できるという。

 2編成あるL0系のうち、先頭車と中間車を1両ずつ改良型に置き換える予定だ。金子慎社長は「改良型でほぼ完成したという思いはあるが、さらなるブラッシュアップを続けていきたい」と話した。(細沢礼輝)