[PR]

 京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長は20日、再生医療で使うiPS細胞の備蓄事業を研究所から分離して公益財団法人化する計画について、文部科学省の部会で説明した。有識者の委員から目立った異論は出なかった。

 山中氏は、法人化はiPS細胞の供給を「安定的に低コストで続けるため」と説明した。優秀な人材を正規雇用で確保しつつ、適正な収入を得ることで、国の支援に頼らずに運営できるようになると訴えた。

 また、備蓄事業と並行して、将…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら