[PR]

 北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、米朝関係に関する論評を伝えた。朝鮮半島を攻撃できる米国の全ての核兵器を除去しない限り、北朝鮮は核を放棄しないと主張。北朝鮮が寧辺(ヨンビョン)核施設の廃棄などと引き換えに米国に求めている「相応の措置」として、制裁の解除などを挙げた。

 北朝鮮は現在、米国との実務協議を拒みながら、2回目の首脳会談の開催を求めている。論評は、一方的な非核化措置は取らないとする北朝鮮の立場を再確認しており、今後、米朝首脳会談が開かれても非核化の進展は難しい状況だ。

 論評は、米朝首脳の共同声明が北朝鮮だけではなく「朝鮮半島の非核化」と明記されていると主張。「北と南の領域だけでなく、朝鮮半島を狙う周辺からの全ての核の威嚇を除去することを意味する」と訴えた。

 「我々の核抑止力をなくす前に、朝鮮に対する米国の核の威嚇を完全に除去する」ことが朝鮮半島の非核化だと主張した。

 「相応の措置」とは、制裁措置の解除とともに「朝鮮敵視政策の終息」だと説明し、朝鮮戦争を巡る終戦宣言を求めていることを示唆した。(ソウル=牧野愛博)