[PR]

 沖縄へ講演に出かけた。辺野古埋め立て工事が強行される直前のことだ。

 冒頭に、「玉城デニー知事のお誕生、おめでとうございます」と告げた。道半ばにして斃(たお)れた翁長雄志知事の遺志を継ぐ後継候補であり、沖縄の気持ちを代弁するひとだからだ。暗いニュースが続くなかで、久しぶりの明るいニュースだった。会場には翁長夫人も来ておられた。

 最近の講演では、ほとんど必ず『当事者主権』(中西正司・上野千鶴子共著、岩波新書、2003年)に触れる。「主権」とは、自分の運命を自分で決めることのできる、他に譲渡することのできない至高の権利。自分が自分の主人公、という意味だ。女も、障害者も、子どもも、この自己決定権をないがしろにされてきた。最近の介護業界では、高齢者の意思決定支援が唱えられるようになったが、それというのもお年寄りの意思より家族の意思が優先されがちな傾向があるからだ。

 地域の運命を地域の住民が自分で決める……ための県民投票を玉城知事が提唱したが、沖縄県下の自治体には温度差がある。返還予定の普天間基地がある宜野湾市は、県民投票に反対した。普天間の住民と辺野古の住民とは、対立関係に置かれたが、これは仕組まれた対立である。普天間返還は辺野古移設と引き換え、という二者択一を、安倍政権が沖縄県民に迫ったからだ。沖縄の基地負担の軽減を言うなら、県外移転も米軍の撤退も選択肢にある。その第3の選択肢に封をしたまま、あれかこれかを強いることで、沖縄県民のあいだに対立が生まれる。

 オキナワンを自称する復帰後生…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも