[PR]

 米軍のシリアからの撤退表明は、内戦の行方に大きな影響を与える可能性がある。アサド政権、反体制派、クルド人武装勢力、過激派組織「イスラム国」(IS)が入り乱れた戦闘は以前より「小康状態」になっていたが、再び激化することが懸念される。

 シリアの首都ダマスカスの市場で洋品店を営むリアス・ディアブさん(40)は米軍撤退の決定に、「トランプ大統領はテロリストを支援したことがわかり、出て行くのだろう。ロシアとイランの支援を受け、アサド大統領が勝利したのはあきらかだ」と喜んだ。

 内戦は、アサド政権が西部から中部にかけた国土の約6割を制圧。米軍が支援したクルド人勢力は北東部で国土の約3割を支配する。

 政権軍はクルド人勢力と、シリアを北部から南東方向に流れるユーフラテス川を挟んで向き合ってきた。米軍の存在もあり、双方はこれまで大規模な戦闘をしてこなかった。

 クルド人勢力の支配地では、ユーフラテス川東部で石油が産出され、アサド政権には譲れない。米軍の撤退により、政権側が新たな動きに出る可能性は高い。

 一方、シリア北隣にあるトルコのエルドアン大統領は、自国で分離独立を目指すクルド人の非合法武装組織とシリアのクルド人勢力が同じだとして敵対。12日には、ユーフラテス川東部でクルド人勢力の掃討作戦を行うと宣言していた。21日に作戦の延期を表明し、米軍の撤退完了を待つ構えだ。

■ロシア「米軍は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら