[PR]

 今年のプロ野球日本シリーズで育成出身初の最高殊勲選手(MVP)に選ばれたソフトバンクの甲斐拓也捕手(26)が21日、福岡市の球団事務所で契約更改に臨み、年俸4千万円から1500万円の増額提示を保留した。

 今季は自己最多の133試合に出場し、盗塁阻止率は12球団トップの4割4分7厘を記録。2年連続のゴールデングラブ賞を受賞した。日本シリーズでもシリーズ単独最多となる6連続盗塁阻止した鉄砲肩は「甲斐キャノン」と呼ばれ、注目を集めた。三笠杉彦球団統括本部長は「守備的ポジションの評価は難しいが、日本シリーズは素晴らしい活躍でプラス材料」と評価した上で「打率(2割1分3厘)はもうちょっと頑張ってもらいたいという話もした」と説明した。

 甲斐は「(希望額と)多少の差はあった。球団から評価してもらっている。わがままを言える立場ではないが、もう一回考えて整理したい」と話した。年内に再び交渉する予定という。(金額は推定)