[PR]

 放射冷却の影響で、松江市街は21日朝、濃い霧に包まれた。通勤・通学時間帯とかぶり、ライトをつけた車が行き来していた。隠岐諸島を除く県内全域で、20日午後9時から21日昼前まで濃霧注意報が出た。

 松江地方気象台によると、濃霧は、湿度が高く晴れた夜間に、放射冷却によって地表面の温度が下がり空気中の水蒸気が霧になる「放射霧」だという。

 JR西日本米子支社によると、濃霧による視界不良のため、JR山陰線の米子―出雲市駅間で午前7~10時に上下線計19本に最大約1時間の遅れが出た。