写真・図版

[PR]

 学校で生徒が突然、心停止で倒れたとき、周囲の人が胸を押す心臓マッサージなどの心肺蘇生をし、かつAED(自動体外式除細動器)を使うことで、後遺症がほぼなく生存できる確率が、どちらもしない場合の2・5倍高くなることが、大妻女子大の清原康介専任講師(公衆衛生学)らのチームの解析でわかった。どちらか一方だけでは十分な効果がなかった。

 総務省消防庁や日本スポーツ振興センターのデータをもとに解析した。2008年4月から15年12月にかけて、全国の小中高校、高専で児童生徒が学校の敷地内で心停止したケースのうち、けがなどを除いた232件が対象。心肺蘇生やAEDの使用があったかどうかで生存率がどう違ったかなどを調べた。

 すると、倒れた30日後に大きな後遺症がなく生存している確率は、心肺蘇生もAED使用もなかった場合は20%。心肺蘇生だけの場合は23%、AEDだけ使った場合は25%にとどまったのに対し、いずれも実施した場合は51%だった。

 倒れた人が呼吸をしていないときは心停止の可能性がある。その際は、119番通報するとともにAEDを運んでもらうよう周囲に頼み、届くまでは「胸骨圧迫」とも呼ばれる心臓マッサージを中心とした心肺蘇生をすることがすすめられている。その効果が実証された形だ。

 両方に取り組むことで、脳や心筋に血液が流れ続け、救命につながっているとみられる。

 学校で倒れた生徒にAEDが使…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら