[PR]

 プロ野球で今季、自身2度目のパ・リーグ首位打者に輝いたソフトバンクの柳田悠岐外野手(30)が21日、契約更改に臨み、7千万円増の5億7千万円プラス出来高でサインした。今季ここまで更改した現役の日本人野手では日本球界最高年俸となり、球団の日本人選手でも松中信彦らを抜く史上最高額。

 昨オフから新たに年俸変動制の3年契約を結び、来季が2年目。今季の年俸は当初4億円と推定されていたが、この日、実は5億円だったことを明かした。この金額をベースに、7千万円の大幅アップとなった。

 今季途中から4番に座り、36本塁打と102打点は自己最多。4年連続の最高出塁率などのタイトルも獲得した。「来季は3割、40本塁打、100打点をクリアしてMVPをとるのが目標」(金額は推定)