[PR]

 サッカーのJリーグ1部(J1)セレッソ大阪は21日、元日本代表の森島寛晃氏(46)が同日付で新社長に就任したと発表した。日本代表経験者がJ1クラブの経営トップになるのは異例。森島氏は「重要なポジションを任された。誰からも愛され、誇りに思われるクラブにするため、方向性を示して一丸となってやっていきたい」と決意を述べた。

 森島氏は1991年にセ大阪の前身のヤンマーディーゼルに入団し、攻撃の中心として活躍。セ大阪一筋でプレーして「ミスターセレッソ」と呼ばれた。日本代表ではワールドカップ(W杯)に2大会出場。2002年の日韓大会では1得点を挙げた。現役引退後はセ大阪のアンバサダーや強化担当を務めていた。

 玉田稔・前社長は森島氏就任の理由について「セレッソを一から十まで知っている。選手目線でクラブ経営をやってくれると期待している」と語った。