[PR]

 クラブワールドカップ(W杯)でレアル・マドリードに1―3で敗れた鹿島ですが、立ち上がりはレアルのマークのルーズさはあったにせよ、相手を必要以上にリスペクトせずにプレーしていました。

 特に、Jリーグでベストヤングプレーヤー賞に輝いた19歳の安部裕葵は、一番最初のプレーに彼の良さが出ていました。自陣の左サイドでボールを持って、普通なら立ち上がりだけにセーフティーを優先させ、斜め後ろにビルドアップのボールを戻してもよかったところでしたが、自陣から縦に相手をかわしにいき、リスクを冒す姿勢を見せました。

 後半に一矢報いるゴールを挙げ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら