[PR]

 「まいかた」と誤読されることの多い大阪府枚方(ひらかた)市が、それを逆手にとった市の独自商品を作った。その名も「うまいかた棒」。駄菓子の代表格、うまい棒とのコラボ商品だ。

 うまい棒の販売元「やおきん」(東京都墨田区)の正規代理店を務めるフェイスウィン(大阪市西区)が協力。今春、フェイスウィン側が市にコラボを提案し、実現した。

 白地に赤い字で「うまいかた」と書かれたパッケージは、枚方市広報課の犬伏基喜(いぬぶしもとき)さん(35)がデザインした。「うまい棒と聞いて、すぐにピンときた」。元の商品名を生かしたインパクトのある仕上がりを目指し、「ひらかた」ではなく、あえて誤読の「まいかた」を活用した。

 味は市販されているコーンポタージュ、チーズ、めんたい味の3種類。市が支払う製造費は1本80円で、フェイスウィンがこれまで計400本を製造した。

 市は今年度、全国各地で市名の読み方を回答してもらい、知名度を調べる全国「マイカタちゃいます、」分布図調査を実施。調査に協力してくれた市内外の人にお礼として渡すなど、PR用に無料配布した。

 評判は上々で、犬伏さんは「受け取った人に思った以上に面白がってもらえ、うれしい驚き」と喜ぶ。市ではうまいかた棒を追加発注。市のイベントで配布したり、市の公式フェイスブックやインスタグラムの投稿に「いいね!」をしてくれた人に提供したりすることも検討している。(古田寛也)