[PR]

 プロ野球広島の菊池涼介内野手(28)が21日、広島市のマツダスタジアムで行われた契約更改交渉の席で、来オフにポスティングシステム(入札制度)を利用しての米大リーグ移籍を希望する意思を球団に伝えたことを明かした。更改後に「野球をやっている以上、トップレベルでやりたい」と話した。来季の契約は5千万円増の2億4千万円でサインした。

 メジャー挑戦の希望は2017年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)終了後にも松田元オーナーらに伝えていたという。今季は139試合に出場したが、打率は2割3分3厘にとどまり、13本塁打、60打点。来季に向け「成績を残さないと。自分にハッパをかけて、しっかりやりたい」と意気込みを新たにしていた。(金額は推定)

こんなニュースも