[PR]

漫画偏愛主義

 本田といえば「ガイコツ書店員」、「ガイコツ書店員」といえば本田、と思っていたがそうではなかったのか。自らの書店員生活をつづったエッセー漫画で一気に世に出た、しかもそれがアニメ化までされた漫画家・本田が挑んだ本格ストーリー漫画は、なんと俳句ゼミ。本紙の読書面でも紹介されていたのだが、あえてここでもご紹介。大学芸術学部の俳句ゼミで、俳句初心者の大学生と先生たちが繰り広げる青春群像劇だ。

 「ガイコツ書店員」は、見事にカタチのとれているガイコツを自画像にして、「オススメはどれ?」といった難題をふっかけてくるお客や個性的な同僚書店員との日々を描いた名エッセー漫画。書店員を描く漫画はいくつかあれど、自画像がガイコツという意外性、そしてすごく難しいであろうガイコツのデッサンが決して狂うことがない点において、本田のただならぬ実力を感じていた。

 そして、今回の「俳句ゼミ」で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも