[PR]

 富山県射水市海王町の海王丸パークで23日、帆船海王丸の船内の特別公開があった。参加者は普段は見られない機関室や食糧庫などを航海士の説明を聞きながら見学した。

 参加者はまず製帆作業場などで「海の貴婦人」とも呼ばれる海王丸の白い帆がどのように作られているのかを二等航海士の宮谷徳世さん(29)から説明を受けた。宮谷さんによると、帆は全て手縫いで冬の3カ月で1、2枚作っているという。

 さらに、機関室に移動してスクリューを動かすメインエンジンの機能について学んだり、船員約160人分の食事を支えていた食糧庫や冷蔵庫を見て回ったりした。

 特別公開は来年1月14日と2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら