写真・図版

[PR]

 鼻や耳に疾患がある子どもが増えていることが、文部科学省が21日に発表した学校保健統計調査でわかった。文科省は、アレルギー体質の生徒児童が多くなっていることが要因とみている。

 調査は毎年実施しており、全国各地の幼稚園や小中高校を抽出し、5~17歳の健康診断の結果を集計。今年度は蓄膿(ちくのう)症やアレルギー性鼻炎など「鼻・副鼻腔(ふくびくう)疾患」の子どもが小学校で13・04%(20年前比で2・86ポイント増)、中学校で10・99%(同2・57ポイント増)、高校で9・86%(同4・02ポイント増)で、小学校と高校は過去最高だった。

 中耳炎や外耳炎など「耳疾患」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら