[PR]

 フィギュアスケートの全日本選手権第2日が22日、大阪・東和薬品ラクタブドームで男子ショートプログラム(SP)があり、3連覇を狙う宇野昌磨(トヨタ自動車)が首位発進。演技後の報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――演技を振り返って。

 「演技後のガッツポーズ同様、すごくやりきった、集中力で乗り切ったという強い思いがありました」

 ――今回の演技のどこがよかったのか。

 「プログラムとしては、全体的にスピード感もなく、危ないところも多く、良くないと見受けられるかもしれませんけど、僕の今の中では、最善、本当に最善を尽くせたかなと思います」

 ――引き揚げる時は笑顔も見られた。安心したか。

 「そうですね。安心したというのと、やってやったぞという強い思いがありました」

 ――聞くところによると、どこかけがをされたのではないかという話もあるのですけど、大丈夫でしょうか。

 「詳しいことはフリーが終わる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら