拡大する写真・図版 瀬戸内寂聴さんと瀬尾まなほさん=京都市右京区、佐藤慈子撮影

[PR]

 この春、30年余り続いた平成の時代が終わる。平成とは何だったのか。未来に抱く思いとは。大正、昭和、平成を生き抜き、京都を拠点に活動する作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(96)と、昭和の終わりに生まれ、平成の世で育った秘書の瀬尾まなほさん(30)に聞いた。

 ――徳島県出身の寂聴さんは1974(昭和49)年、京都市右京区に寂庵を結びました。瀬尾さんは兵庫県出身で、右京区の京都外国語大学に進学しました。なぜ京都だったのでしょうか。

 瀬戸内寂聴(寂) 京都とは縁があるんですよね。東京から家出した時に来たのが京都。東京女子大の時の友だち2人がいたんです。それからまた東京に出ては京都に戻って。京都は暮らしやすいんです。

 瀬尾まなほ(ま) 私は外国語大学に行きたかったので、京都か大阪か悩んだんですけど、母がまちなかにある方がいいよと言ってくれて、京都外国語大学に進みました。街もあるんですけど、ちょっと行ったら山もある。すごくいいなって思います。

 寂 でも普通は京都の人は意地…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら