[PR]

 米ブルームバーグ通信は21日、トランプ米大統領が連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長を解任したいとの意向を示していると伝えた。大統領に解任する法的権限があるかはあいまいだが、ここ数日の米株価の下落を受けて、19日に利上げを決めたパウエル氏の解任についてたびたび言及しているという。

 「4人の関係者」からの情報として報じた。ただ大統領の側近らは、本気で解任するかは確信が持てておらず「怒りの発作がクリスマス休暇で収まるのを望んでいる」とも伝えている。

 トランプ氏は2017年11月、イエレン前議長の後任としてパウエル氏を自ら指名。パウエル氏は、トランプ氏が進めた大規模減税で好況が続く米景気の過熱を抑えるべく、イエレン氏の路線を引き継いで緩やかな利上げを続けてきた。

 トランプ氏は、利上げでドル高…

この記事は有料会員記事です。残り537文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り537文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り537文字有料会員になると続きをお読みいただけます。