[PR]

 オートバイを自在に操り、アクロバティックな技を披露する「エクストリームバイク」の世界大会に向け平良翔太さん(27)=宮古島市平良下里=が練習に励んでいる。昨年、ポーランドの「スタントグランプリ」に初出場したが15人中12位と世界の壁の高さを痛感した。上位選手の競技に懸ける情熱に触れて刺激を受け、帰国後は高難度の技の完成度に磨きをかける日々だ。目指すは海外大会の上位5位以内の入賞。国内有数のトップライダーを目指し奮闘中だ。

 エクストリームバイクはバイクスタントとも呼ばれ、タイヤを横滑りさせる「ドリフト走行」や、前輪を宙に掲げる「ウィリー走行」をしながら、シートの上に立ち上がったり、手放し運転などを披露する。平良さんは高校卒業後に進学した那覇市の専門学校時代、競技者と出会った。バイクでウィリー走行をすることはあったが、体を巧みに移動させながら技を繰り広げるのを見て、最初は「これは無理だ」と感じたという。

 だが、練習を重ねるうちに次第と上達。中型の250ccから一層の操縦技術が問われる大型の636ccにバイクを変え、徐々に腕を上げていった。

 国内有数のトップライダーの友…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら