【動画】津波にのまれる音楽ライブステージ インドネシアで津波被害
[PR]

 インドネシア中部ジャワ島とスマトラ島の間のスンダ海峡で22日午後9時半(日本時間同11時半)ごろ津波が起き、インドネシア国家防災庁によると、少なくとも222人が死亡、843人が負傷した。海峡にある火山島アナククラカタウの噴火に伴って、海底で地滑りなどが起きたことが原因とみられる。

 同庁によると、28人が行方不明で、犠牲者は増える恐れがある。津波を引き起こすような大きな地震は観測されておらず、同庁報道官は「津波は地震によるものではなく、海底の地滑りと高潮によって発生した」との見方を示した。火山島は22日午後9時過ぎに噴火しており、その影響で海底地滑りが引き起こされたとみられるという。

 同国気象庁によると、津波の高さは90センチを観測した。ジャワ、スマトラ両島沿岸部の少なくとも家屋558棟、ホテル9棟が損壊した。ジャワ島西部バンテン州チャリタでは23日、海沿いにがれきが散乱していた。住民らは「地震なしに津波が来るとは思わなかった」と話しており、津波が予兆なく押し寄せたことが被害を拡大させたことをうかがわせた。

 現地の日本大使館によると、日本人の被害は確認されていない。

 同国では9月28日にスラウェシ島中部でマグニチュード7・5の地震と津波があり、2千人以上が死亡。また、7月と8月にはバリ島東隣のロンボク島で地震が相次ぎ、550人以上が死亡した。(チャリタ=野上英文、ジャカルタ=守真弓)