[PR]

 陸上の全国高校駅伝は23日、女子第30回大会が京都・西京極陸上競技場発着のコースで行われた。5区間21・0975キロで争われ、神村学園(鹿児島)が25回目の出場で初優勝した。2~4区で3人の1年生が好走し、5位でタスキを受けた5区のカマウ・タビタ(3年)が4人を抜いた。2位は長野東、3位は仙台育英。1区では長崎商の広中璃梨佳(りりか)(3年)が区間歴代3位の19分1秒をマークした。男子第69回大会は午後0時半スタート。7区間42・195キロで行われる。