[PR]

 今年の全日本合唱コンクール全国大会で金賞に輝いた不来方高校音楽部が23日、盛岡市の岩手県民会館で開かれた自殺防止のためのチャリティーコンサートに出演した。全国大会で歌ったミサ曲「グローリア」やクリスマスメドレーを披露、聴衆とともに「いのちの重み」をかみしめた。

 主催した社会福祉法人「盛岡いのちの電話」(019・654・7575)は、不安や孤独に悩む人のための電話による相談窓口として1991年に開設。研修を受けた登録ボランティア140人のうち数十人が、交代で正午から午後9時(日曜は午後6時)まで待機し、相談者の秘密を守るために匿名の相談に対応している。ここ数年の相談件数は年間約1万2千件。

 98年から開催しているこのコンサートに、不来方高校は2002年から出演を続ける。同校音楽部は「歌を通して様々な場所の人たちと交流することで人間としても成長する」というモットーを掲げ、年間40回以上の訪問演奏もしている。

 社会福祉法人側も今回のチャリ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら