[PR]

 サッカーのドイツのプロリーグから、今季J1鹿島に約7年ぶりに復帰したDF内田篤人(30)のこの1年間の戦いが終わった。22日(日本時間23日)、アジア代表として出場したクラブワールドカップ(W杯)の3位決定戦で南米王者のリバープレート(アルゼンチン)に0―4で敗退。W杯開催地のアラブ首長国連邦で、自身の進退、日本サッカーの未来について熱く語った。

     ◇

 ――鹿島に復帰して約1年、肉離れなどのケガもありました。

 「もっとやらないといけないけど、今の自分ではこれがいっぱいいっぱいだったかな。何回けがしたか知らないけど、試合に全然出ていない。来季はシーズンを通して戦う体を作る」

 ――今季限りで引退を決意しているかも、と感じたこともありました。

 「するか。子ども、ちっちぇえ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら