[PR]

 人気漫画「NARUTO―ナルト―」の作者・岸本斉史(まさし)さんが、2019年春から「週刊少年ジャンプ」で新連載「サムライ8(エイト) 八丸伝(はちまるでん)」の原作を手がけることが決まった。23日、千葉市の幕張メッセであった同誌のイベントで発表された。作画は、岸本さんのアシスタントを務めていた大久保彰さんが担当する。

 この日会場では、侍とSF的な世界観が組み合わさった告知動画が放映され、岸本さんのメッセージも寄せられた。

 「新作やります。僕は和モノが好きです。その文化や装飾にワクワクします。そしてSFモノが好きです。そのギミックや設定にワクワクします。なのでこの好きな2つを混ぜちゃって作品を描くことにしました。(中略)NARUTOより面白くするのに必死!! お楽しみに!」

 「NARUTO」は1999年に同誌で連載が始まり、14年に完結。コミックス全72巻の累計発行部数は国内で1億5千万部を超す大ヒット作品となった。現在、続編の「BORUTO―ボルト―」が岸本さん原作・監修のもと連載中。