[PR]

取材ノートから

 夏から秋にかけて、第66回全日本吹奏楽コンクールを目指す高校の吹奏楽部を取材した。全国大会の切符を手にしたのは北陸3県で2校のみ。狭き門に挑むひたむきな姿は甲子園を目指す球児たちにも負けない熱いものだった。たゆまぬ努力の積み重ねの先に、うれし涙や悔し涙、先生や仲間との絆、それぞれに忘れられないドラマがあった。

 気になるのは、学業と両立しながら厳しい練習と向き合った吹奏楽部員たちの「その先」だった。10月に小松高出身のトロンボーン奏者、五十嵐誠さんにインタビューしたときに印象に残る言葉があった。「プロ奏者として本当に活躍するのは、プロ野球選手になるのと同じぐらい難しいと聞く」

 小松明峰高吹奏楽部は2年連続…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース