米NYダウ、一時400ドル超下げる 東京市場も影響か

有料会員記事

ワシントン=青山直篤、ニューヨーク=江渕崇
[PR]

 24日のニューヨーク株式市場は、大企業でつくるダウ工業株平均が続落して始まった。トランプ大統領の不安定な政権運営や米政府機関の一部閉鎖によって金融市場では不安が広がっており、先週末の終値(2万2445・37ドル)からの下げ幅は一時、400ドルを超えた。前週末に日経平均株価が2万円割れ寸前に迫った東京市場にも、米株安の流れが波及する可能性がある。

 ムニューシン米財務長官は23日、米銀行大手6行のトップと電話会談し、融資の手元資金が十分に保たれていると確認したうえで、「金融市場は適切に機能し続けている」とする声明を出した。だが、米政権運営に対する投資家の不信感はぬぐい切れていない。

 米財務省によると、週明け24日には、米連邦準備制度理事会(FRB)や米証券取引委員会(SEC)などの幹部らとも協議する。株価急落に対応する大統領直属の作業部会に相当し、ロイター通信によると、この部会は世界金融危機の後、2009年にも招集されたことがあるという。

 FRBの金融政策を決める1…

この記事は有料会員記事です。残り328文字有料会員になると続きをお読みいただけます。