[PR]

 地震、豪雨、台風に立て続けに見舞われた1年だった。新年を迎えようとする今も、被災地には爪痕が残る。

 6月の大阪北部地震では、府内6市町で震度5強を記録した。大阪府高槻市で小学4年生の女児が倒れたブロック塀の下敷きになり死亡したことを受け、京都市が公共施設を調べたところ、7割強にあたる710カ所のブロック塀で安全性に問題があることがわかった。大半が撤去されることになり、来年3月までに完了する見通しだ。

 7月の西日本豪雨では、綾部市で3人、亀岡市と舞鶴市で各1人が亡くなった。福知山市や綾部市、宮津市で計15棟が全壊。浸水被害は8市3町に及び、床上539棟、床下1734棟だった。

 土砂崩れで3人が死亡した綾部…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら