[PR]

 大分県杵築市が、人生のエンディング応援プロジェクトとして、「終活」への思いやエピソードを題材にした川柳を募集したところ、全国43都道府県から335句が寄せられた。市はそれぞれの思いがこもった応募句すべてを「きつき終活川柳集」にまとめた。来年1月に開く終活市民講座の参加者らに配る。

 終活をテーマにした川柳を自治体が募るのは珍しい。県外からも半数以上の計180句が届いた。市の選考委員会が、多くの人が共感できる7句=別表=を優秀作品に決定。うち最高賞の杵築市長賞には、市内の70代女性による次の作品が選ばれた。

 「老いじたく 山あり谷あり 二人旅」

 認知機能が低下してきた80代…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら