[PR]

 福島は国内有数の温泉県。その温泉を紹介する企画「お湯ぶら」を今年4月に始め、県内の温泉を巡ってきた。どこの温泉地も奮闘しているが、バブル期以降の投資が重くのしかかり、疲弊している宿は少なくない。宿泊客の減少も追い打ちをかけており、地域の共同浴場も高齢化と過疎化にさらされている。

 温泉街は、もともと共同浴場の周辺に宿を構えるスタイルだった。その後、源泉から自らの宿にお湯を引く内湯方式に。さらに露天、展望風呂を含む多種の湯船を持つようになった。

 だが、バブル期以降に行われた投資が、温泉宿の経営を圧迫している。

 装置産業である温泉は、人件費…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら