[PR]

 アフガニスタンの首都カブール東部で24日午後、武装集団が政府庁舎を襲撃し、保健省によると、政府職員や警官ら少なくとも40人が死亡した。政府軍や駐留米軍と戦う武装勢力の攻撃とみられる。トランプ米政権は駐留米軍の撤退を目指し停戦を持ちかけているが、武装勢力の戦闘やテロは収まっていない。

 同省などによると、庁舎の入り口で車爆弾が爆発し、庁舎内に侵入した襲撃犯数人が銃を撃ち始めた。庁舎には350人余りの職員がいた。襲撃犯は治安部隊と25日未明まで銃撃戦を続け、全員が死亡した。地元テレビは黒煙が上がる庁舎を治安部隊が取り囲む様子を伝えた。

 25日夜までに犯行声明は出ていない。同国では政府軍が駐留米軍の支援を受けながら反政府勢力タリバーンと戦っているが、統治が及ぶのは国土の6割弱。費用がかさむ駐留米軍を撤退させたいトランプ米政権は、米軍の規模縮小や収監中のタリバーン幹部の釈放などを持ちかけて、タリバーンの懐柔を図っている。(イスラマバード=乗京真知)