[PR]

 働き方改革で優れた成果を上げている事業所を対象にした、福岡県の「よか・ろう・もん表彰」(雇用管理改善企業・職場表彰)を、モルタル製品の製造・販売を手がける「二瀬窯業(ようぎょう)」(飯塚市横田)が受けた。全従業員に9連休取得を推進していることが高く評価された。

 二瀬窯業は2015年から、有休と休日を組み合わせた9連休の取得推進に取り組む。パートを含む全従業員88人が対象で、ほとんどが実際に取得しているという。自分だけしかできない仕事をなくし、互いに仕事を補える体制をつくることで実現した。

 メリハリのある働き方や、休んでいる従業員のフォローを意識して働くことにつながっているという。人事財務グループの尾形真一郎グループマネジャー(42)は「所属長も必ず9連休を取得しなければならないので、部下も取りやすい環境になった」と話す。

 野見山透社長(66)らは25…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら